横浜でスペイン語教室をお探しなら横浜スペイン語センターにご連絡下さい。

一般社団法人 横浜スペイン語センター
  • トップページ
  • お問い合せ

講読: Lectura novela 〜小説を読もう〜

今回はキューバの作家、レオナルド・パドゥーラの作品 『Adiós, Hemingway』 をじっくりと読んでいきます。
レオナルド・パドゥーラ・フエンテス(Leonardo Padura Fuentes、1955年 - )は、キューバの小説家、推理作家。ハバナ大学でラテンアメリカ文学を学び、卒業後は脚本家、ジャーナリストとして活動。のちに小説家としての活動も開始し、1991年に第1作を発表したマリオ・コンデ警部補シリーズが人気です。
【物語のあらすじ】
40年前の白骨死体が語る「パパ」の最後の日々
かつてヘミングウェイが暮らしたハバナの邸宅で白骨化した他殺死体が発見された。作家志望の元刑事コンデは自ら捜査に乗り出すが・・・事実と架空の狭間を従来しつつ文豪の実像に迫る、異色のミステリ。



レベル月1回 その他
曜日金曜日
時間11:15〜12:45
講師(国)中南米
講師名ドゥルセ菊池
クラス名金B菊1
日程2023年 1/27、2/24、3/24、4/28、6/23
人数3〜14名
教室第1教室

【テキスト】
“Adiós, Hemingway” Leonardo Padura
参考資料:『アディオス、ヘミングウェイ』 (宮崎真紀 訳  ランダムハウス講談社)

お問合わせはこちら

PageTop

一般社団法人横浜スペイン語センター